今さら聞けない着物買取の常識、教えます

着物で人と人とをつなぐ

大切な着物のたたみ方

「夜着だたみ」は、振袖、留袖、訪問着などの着物に用いるたたみ方ですが、着物をたたむときには、刺しゅうや金銀箔、紋を保護するために、模様の部分に和紙を当てておくようにします。 たたみ方の手順として、まず襟を左側にしてから、着物をいっぱいに広げるようにします。下前身頃を脇の縫い目より3ミリから5ミリ外してたたみます。上前身頃も下前身頃と同じようにして折り重ねるようにします。襟は内側に折っておくようにしましょう。模様の部分には、和紙を当てて保護するようにしておきます。両袖を身頃の上に、左袖を上にするようにして重ねます。裾のほうを襟先の下まで折りますが、折り目のところに真綿を入れておくようにすると、折り筋がつきません。収納の仕方・スペースによっては、さらに二つ折り、三つ折りにするというのが「夜着だたみ」というたたみ方の手順になります。 大切な着物を長く美しく装うためには、たたみ方も大切になってきます。